ノバルティスの医薬品における分野

歴史的にも医薬品の登場で医療現場の難題が解決して医療が大きく進歩したという事例は少なくありません。ノバルティスに限らず特に免疫系の医療機器や移植に使用される免疫抑制剤といったように生存率や手術の成功率を飛躍的に上昇したことです。移植が失敗する事例は多々ありますが特に当時としては免疫機能による拒絶反応が大きな問題を占めていたことが一因としてあげられています。

免疫系では世界的な病気として蔓延しているエイズや死亡にいたるなどフェイズが高いほど致死率が高くなるがんといった疾患に対しても大きな課題となっています。がんの治療は世界の多くの研究者が取り組む死亡に至る三大疾患の一つです。全快するほど治せる治療薬は今のところ存在していないため、進行を遅らせて、手術で切除することで発生したがんを取り除く方法が主軸となっています。がん自体は早期治療での回復が可能であるところまで医療技術が発達していますが、複数臓器に転移した場合などまだまだ不十分なところの多い医療分野とも言われています。

X線治療など多彩な治療法がある中でまだまだノバルティスで研究が必要な疾患といえるのです。女性に多い乳がんや欧米の食事を取り入れるようになって増えてきた大腸がん、胃がんといったがんにとって、今後のノバルティスの取り組みによる成果が待たれていることは間違いありません。ノバルティスはがんの遺伝子部分の標的に着目してノバルティスは研究を行っています。免疫機構を利用したがんの治療薬を発表するなどこれからの発展がさらに期待されているのです。呼吸器関連の病気やアレルギーを持つ患者さんはしにいたる病気や難病以外にも日常的に症状が現れていることがあります。過呼吸の喘息もちなど医薬品が日常的に必要となる場合も少なくないです。

健康はちょっとしたことで良くも悪くもなります。ノバルティスが医療を研究する企業として、健康を維持するための製品を提供することは今の社会に必要不可欠です。しかし、ノバルティスにとっても社会全体の医療品や医薬品における健康面や安全性は企業がしっかりに果たすべき責任といえるのです。医薬品は年齢によって異なる使用量となりますが、特に注意が必要となる小児科では異なるアプローチの薬や治療方法が求められることも多々あります。ここ数ヶ月では小児白血病の各種医薬品の承認を取得するなどノバルティスの取り組みの成果が認められています。以上において、医療にかかわる企業としての役割を自覚することで製品の質にもかかわります。ノバルティスによる製品の質によって使用のしやすさも異なるなど、その人にとっての健康的で持続的な生活を送る上での欠かせないことがいえます。