ノバルティスの研究員に求められるもの

ノバルティスの医薬品にとって、健康の一助となり疾患からの回復を意味するだけではありません。疾患に有効であることはもちろんのこと、開発する研究員や販売ルートを確保する社員にとっては、製造され使用された医薬品が新たな価値を持つことに意義があります。付加価値による医療現場場での有用性が次の医薬品開発の一歩となるなど、患者さんだけでなく医療につなげる人々のための一歩でもあるのがノバルティスです。更なる発展を医薬品でとげることを見出すことが出来る数少ないチャンスとなっています。医薬品は性能だけに限らず、患者さんに対して示すことの出来る価値部分が重要なファクターとなることもあります。安心して使用してもらうためには、ノバルティスだからこそできる医薬品の提供であることが不可欠となります。そして、医薬品開発に携わるということは単純に薬や医療に触れるというだけではありません。まだ過去の医療現場では作られていない新しい医薬品を作ることであり、医療の研究の一旦となる先頭を走っていることに他なりません。

多くの研究者は最先端の治療を行う知識の上で開発を行うということでもあるのです。医療関連企業の働き手としてこれほどやりがいのある活動はないといえます。ノバルティスが重視している研究員としては、疾患に対して寄り添った経験のあることが挙げられます。いま求められている医薬品の多くは現場の医療で力が足りないからこそ生み出す必要のあるものを見据えることになるものです。疾患に対する患者の苦しみや医療関係者としての苦悩があってこその研究開発が必要になることも多いのが医薬品開発の日常なのです。

医師との大きな違いは、ノバルティスの研究者にとって医療に携わることが医療全体、ひいては人々の健康にとって大きな変化をもたらす可能性があるという点です。医師の現場における経験はかけがえの無いものであるのはもちろんですが、医師にできることもまた限られています。今あるもので対処を行うことが医療を行う者として当たり前であるからです。医師ができることを増やし、治療の選択肢、とくに完治できる場合や治療に選択肢を持たせるなど現場では出来ないことこそノバルティスが実施している医薬品開発なのです。ノバルティスは医薬品開発における臨床試験等での信頼性を確立すべく、企業一丸となって責任をしっかりともてる事業を行っています。現在、数十種類の開発プロジェクトが進行している中で、特に倫理面に配慮しながらノバルティス企業として医療・医薬品に対する姿勢を提示しています。