ノバルティスの医薬品開発と臨床試験

ノバルティスは医薬品の開発やバイオの研究を行うとともに、ジェネリックの開発も行っています。ノバルティスのジェネリック医薬品が優れている点は、従来の医薬品よりも開発がされやすいうえに、安価で薬を提供できる点にあります。すでにある薬に対して、添加物などの中身を買えることですでにある薬を利用した開発が行えるため、安全性や性能は元に限りなく近い状態で製造することが出来るという点です。ノバルティスはジェネリックを専門に開発することで、患者にとって優しい医薬品開発を実現しているのです。医薬品は販売の拡大などに目を向けがちです。

しかし、ノバルティスにおいては必要となる薬の開発の大小に関係なく開発を行うことで、患者さんにとって求められる医療を目指しています。薬を開発するにはいくつもの工程を経なければなりません。科学理論から医学における研究を行い、新たな薬の変革となるように製造までの道筋を確保します。ノバルティスは一つの薬をつくるだけでも多くの資金と人員が投入される必要が出てきます。目指している薬が期間内に出来るかどうかは多くの難題に立ち向かい、問題を解決していくことでしか生み出されません。薬の中にはいまだに開発を続けていて研究段階で製造までいけないものがたくさんあります。それでも負けずに研究を続けられるのは、未来の人々の健康に今すべきことがあるからだといえます。今はまだない薬でも将来的に生み出されることによって多くの患者を救うことがあるからです。

疾患を治癒するのに数少ない必要な薬となればなおさらです。ノバルティスが多くの人々の健康をケアするための製品として、または疾患を抱える人々にこたえるための手段でもあります。薬が出来たらそのまま販売されるわけではなく、実際に薬を使った臨床試験を行って安全性が確かめられて初めて医療現場や個人の手に渡ることになります。とくに安全面について臨床試験の重要性はとても高いため、多くの人が使用する医薬品を完成させるには安全であることが保障されなければなりません。ノバルティスが研究を行う中で、新たな技術や医療製品の進歩をもたらす場合、関連した分野に対しての連携を促進しています。スムーズに各分野の開発を行うべく、ノバルティスにとって医療関連企業や大学とのつながりが重要になるというわけです。ノバルティスによってガイドラインが作成されたことで企業内だけでなく企業の外へと連携を促進する動きが活発化しているのです。